堺市・和泉市で【口コミ実績1位】つらい症状を根本改善

生まれたての赤ちゃんが、”みずみずしく”見えるのは体内に保有している水分量が多いからです。

赤ちゃん

 

 

 

 

 

 

実はその量は80%です。
一方、大人になるとどうでしょうか?
年齢を重ねると段々減って行きます
成人では約55〜60%、60歳を越えるとなんと約50%まで減少することがわかっているみたいです
水分保有量が見た目の若さを左右する大事な要素であると言えます

骨格筋は体の水分の主な貯蔵庫でもある

女性は男性よりも筋肉が少ないので水分保有量も少なくなりがちなのでより水分補給が必要になります
実は細胞は一定の水分量が確保されていると適切に機能するようになっています。
水分の摂取不足によって細胞内の水分量が減少すると、体の代謝機能に様々な悪影響が出てしまうのです。
これがいわゆる『新陳代謝が悪くなった』という状態です。
この状態になると痛みや症状を改善していくために体の熱を排熱する作用もうまくできなくなります
また、細胞と細胞の隙間にも水分があるのでそこも減少するため、皮膚の弾力もなくなってしまって、ハリのある肌を保てなくなってしまいます

健康面への影響は?

これがまた深刻です。
体内に入った水は血液に溶けて酸素や栄養を運んだり、老廃物を排泄したりするのに役立っています。
しかし、血液内の水分が少なくなってドロドロになってしまうと脳梗塞や心筋梗塞などが起こりやすい状態になってしまいます。
このリスクを少しでも予防するためにも十分な水分補給が必要なんです

では、毎日どのくらいの水を飲めばいいのか?

成人の場合は例えば、50キロの人であれば、50㎏×30=1500ml=1,5ℓ

水分を取る

 

 

 

 

 

 

しかも、これは必要最低限の量
理想を言うと2〜3ℓは欲しいところです。
汗や尿で失う以外に呼吸や体温調節など知らず知らずのうちに1ℓ近くの水分を失っていうので「汗をかいて無いから大丈夫」というのは危険です
暑かろうが寒かろうがまずはコップ一杯でいいので水分(特に水)を飲むくせをつけるようにしましょう。
もちろん運動や体を動かした時はさらに多めに飲むようにしましょう。

堺市・和泉市で整体なら「たぐち整骨院」 PAGETOP